読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かーずSPの戯れ言

かーずSP管理人が駄文を語ったりするブログ

「株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書」が役に立っている件。からの~『市場クロガネは稼ぎたい』推し

Kindleの方が安いのでKindleへリンク。株を勉強する上で、めちゃくちゃ役に立っている一冊です。

「株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書」の感想なのですが、ファンダメンタル投資=優良株の見分け方から、チャート分析でテクニカルの基本も書いてあって、「安い時に買って高い時に売る」の下地が出来ました。

というのも、よく「応援したい企業の株を買え」「優良株を見つけて買え」という人がいますが、それだけではダメで、

「優良株を、安い時に買って、高い時に売る事が大事」

という思考が身につきました。

四季報から優良株を探すのはしんどいですが、自分の買う予定の株が優良なのかどうかを判断するのにも使えて良いっすね。

短期投資としてみても、例えば僕が観察しているのは主にゲーム株なんですが、不動産など安定した業種よりも乱高下が激しくて、うまく売り買いできれば利益を出せる反面、しくじるとマイナスも大きいんです。
が、ここに書かれていることをチャートに照らし合わせてみると、ちゃんと上げ下げのサインが出ていまして、その基礎をしっかり解説しているのが好印象。

それまで経済関係に無知な僕ですら理解できるって相当噛み砕いてくれているなと。

この本とWebの情報から最近学んだこととしては、

例えば不景気はまず株価が下がって、そこから半年~一年後に企業業績が下り坂になって反映されて、さらに一年後に家計に反映されるそうです。

これって、株をやらなくても実生活にも役に立つなあと。日経平均株価が不景気に突入したら、二年後を覚悟して行動するだけでも賢く生きられそう。


にしても粉飾決算の見破り方も書いてあってタイムリー過ぎるというか(笑)
株を始めるにあたっての、最初の一冊としてふさわしいですね。

同著者のこっちも今ポチりました

というかこの手の株の本って「必勝法」や「絶対儲かる」とか軽いウリ文句のものが多くて、まあたいていハズレなんですが(笑)、そういった上辺っ面じゃない質実剛健なところが良いです。


今読んでる株本のデイトレード、これも名著と言われていて紙の本を定価で買ったんですが今Kindleでポイント還元実質半額になってました。もうちょい遅く買っていれば…ってほんと株で損してる発言みたいですな。

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術Kindle)



【コラム】萌えオタク流 株式投資のススメ ~ 第1回「ゲームのアイドルが株価を動かす!」 - mitok(ミトク)

こういうコラムを書きました。近々、第二回目、三回目と続く予定です。

本家サイトにも書いたんですが、株はずっとギャンブルだと思っていたら、実はそうではなかったと認識を改めてくれたのが「市場クロガネは稼ぎたい」って漫画です。

一つの巨大な島がまるまる学園になっていて、その学校では経済活動がすべての価値観となっている、特殊な場所。

そこで生徒たちは商売を競い合って経営を学び、優秀な成績で卒業した者達は世界を動かす経営ビジネスの成功者になっている。

その学園に入学した主人公・市場クロガネは、いきなり一億円の負債を抱える羽目になってしまう。
しかし、そこから頭脳と人を見抜く目を使ってビジネスに邁進して、時にライバルと戦い、時に友人を作っていくという物語。
ハガネ会長の黒髪ロングっぷりやロリ会計など萌え豚的にも美味しいところが多くて(ぉ、さらに経済への興味を持たせてくれたこの作品と梧桐柾木先生に感謝したい。