読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かーずSPの戯れ言

かーずSP管理人が駄文を語ったりするブログ

今季のアニメもオープニング映像が気持ち良い件+α

響け!ユーフォニアム 君の名は。

今季のアニメもオープニング映像が気持ち良い件+α

アニメのオープニングって、ハイテンポな曲に合わせて映像がシンクロして、それを見るのが快楽ってのがあります。
で、この秋も「これいいわー」と繰り返しHDDレコーダーの寿命を縮めながら繰り返し見てる映像をご紹介。

ユーリ!!! on ICE(音出ます)」第一話のOPを見た時、何が起こってるか理解不能でした!
寸分狂わぬシンクロで踊りつづける勇利くんたち。
「え?アニメってこんなに動くもんなの?」という驚きしかなく、「これはなにかすごい事件が起こっている!」と本能で実感。
その後、本編で勇利が一曲フルでアイススケートをするに至って、それが間違ってなかったことを理解しました(初見では口をポカーンと開けて見入ってしまった)
おそらく後世の歴史に名を残すであろうアニメですよね。その伝説のスタートがこれでした。

ガーリッシュ ナンバーのオープニング.あえて色を減らして原色を印象的に使っていて、ポップな雰囲気が曲調と合っているんですが、オススメポイントはサビ!!
単色の声優が、一人づつ演技していくたびに色がついていく。それも口元から円状に、音の広がりを視覚的に表現しているのが見ていて気持ちいい~~っ!
仕草も一人ひとり個性があって、万葉のかっこいい振り付けが痺れるわー!
ちなみにそのあと、5人が指を合わせて星型を作るんですが、「万葉お前そんなキャラちゃうやろ!」と京みたいにツッコミましたが、先週と今週の放映で万葉が一皮むけた感じになって、ちょっと性格も丸くなったので、このオープニングもなおさら僕の中で価値がアップしました。

アニメのオープニングとしては王道の作りをしている「フリップフラッパーズ」なんですが、王道ゆえの気持ちよさが詰まってるんですよ。
最初は不穏な映像で「何だこれ?」と思わせて、土管でうつむくココナとか、暗いな~と思わせておいて、サビで一気に大爆発!
ミサイル、光、意味不明な生物、ととにかく説明する気がまったくない!
まったくないが、「ピュアイリュージョン」というなんでもありの世界を全身で表現している。
でも最後はパピカとココナが笑いながら草原を走っているんで、なんとなく終わりよければすべて良し。置いてきぼりの挙句に、丸め込まれている感じも、なんだかいい意味で「やられたなぁ、じゃあ見てやるか」って気持ちにさせられる(←どんだけ上から目線)。

例外1
毎週楽しく見ている装神少女まといなんですが、ロリな巫女さんの草薙ゆまがついに変身できるようになるんです。そこまではいいんですが、その翌週、オープニングを乗っ取るという暴挙に出たのがこの動画の後半部分。
しかもこの『装神少女ゆまちん』の作りが、顔を切り貼りしたように上から被せるだけっていうね………もう、雑!
最後の、まといのツッコミまで含めて大笑いしました。
ゆまちんはとにかくポジティブ全開で、どんなピンチになってもおバカさんなんですが、それが作品の明るさにもなっているムードメーカーで、こういうお遊びは最高!

例外2
オープニングも好きなんですが、注目すべきはこちら。
オーケストラをまるまる一曲映像化してるんですが、なんとこれ、出してる楽器の音と指がちゃんと同期してるんですよ!

「当たり前だろバカ」って思われるでしょうけど、アニメというのは現実で簡単なことほど実現するのが難しい(人が歩いてる時の脚の動きとか)と言われてます。
なのに、それを複雑な楽器演奏で運指をすべて描写するとか、あ、ありえねぇ~~~っ!!

さらに良いのは、演奏と物語が合致してるところで、例えば鎧塚みぞれが心を開いて希美と和解したことで演奏に艶が出てて、みぞれのソロパートの情感豊かな演奏(この動画で4分30秒くらいのところ)は、素人の僕ですら「良くなった」と気づいた。それから裏の希美へのカメラ移動もいい。
また、久美子が一期で「上手くなりたい!」って橋の上で悔し泣きしていた、弾けなかった難しいパートが弾けるようになって、それを演奏で成功させる(5分17秒あたり)と、滝先生の口元が若干ニヤリ。秀一とあすか先輩も視線だけで、「久美子やったな!」感を出していて、今までのドラマがこの演奏シーンに詰め込まれている。
あと泣けるのは、モブの子たちが楽譜に合宿の写真(コーチとピースしながら撮ったりしてる。この動画だと4分18秒から)を貼り付けてます。
彼女たちにとっては「練習キツかったけど楽しかった合宿の思い出」くらいの気持ちなんでしょうけど、僕ら見ている大人にとっては、それはかけがえのない青春の、一生の宝物だと知ってるわけです。だけど彼女たちはそれを知らないまま、今の一瞬にすべてをかけて演奏している、その刹那の輝きに涙します。

例外3
注意:映像内に『君の名は。』ネタバレあり
今期アニメというか夏の終わりに公開された劇場用アニメなんですが、曲と映像の同期というと、この特別に編集されたMusic Videoは珠玉の予告編なので外せない。
「砂時計」「教室」「電車」などの歌詞に合わせた映像運びもうまいんですが、1分40秒あたりの、へその緒や髪にハサミを入れる、ところからサビまで全部、映画館で大泣きしていたシーンのダイジェストなもんで涙腺決壊、名シーンだらけだね。