読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かーずSPの戯れ言

かーずSP管理人が駄文を語ったりするブログ

少年ジャンプ+新連載『俺を好きなのはお前だけかよ』マンガ:伊島ユウ 原作:駱駝/ブリキ 感想

少年ジャンプ+新連載『俺を好きなのはお前だけかよ』

俺を好きなのはお前だけかよ』マンガ:伊島ユウ 原作:駱駝/ブリキ

f:id:karzusp:20170227213041j:plain

※1話、2話のネタバレあります

可愛い系幼馴染み・ひまわりと、クール系美人の生徒会長・コスモス先輩。

その二人から頼られている「如月雨露」(ジョーロ)は、平凡で鈍感な無害なキャラとして着実に仲良くなってフラグを積み上げていた。
そんな折、コスモス先輩から呼び出されることになったジョーロは、ついに告白される事を覚悟して、キメキメの私服で待ち合わせ場所へ向かうのだが……。




電撃文庫の新シリーズで非常に勢いのある新感覚ラブコメ俺を好きなのはお前だけかよ』。

その人気作がKADOKAWAではなく、集英社にてコミカライズがスタートしたというのが意外であった。

この『俺好き』のどこか新感覚かというと、今までの王道ラブコメにありがちな設定や展開の裏をかくギミックが満載なんですよ。

例えば主人公のジョーロは、ブコメやギャルゲーにありがちな特に個性のない、鈍感で地味な男の子……の皮をかぶった、計算高い腹黒キャラ! つまり、あえてモテるために外面を変えているわけです。

f:id:karzusp:20170227212715p:plain

ジャンプ漫画では『デスノート』の夜神月以来の悪どい主人公キター!



ところがヒロインたちも負けてない。コスモス先輩もひまわりも、意中の人はジョーロ……の親友という酷いオチ。

策士、策に溺れるジョーロだけど、ここからの不屈の闘志がすごい。

「どっちかの恋が成就したら、片方のおこぼれをもらう」とかね、もうホントにゲスの極みってこういうことだよっ!!

この1話と2話だけでも、ジョーロの空回りのおかしさが存分に味わえます!

そしてここから下心丸出しの恋のサポートが始まるんだけど、原作小説でもコミカライズのイラストでも、もう一人、黒髪で三つ編みのメガネっ娘がいますよね。

この子が一番の爆弾でして、最高のイチャラブ学園生活をエンジョイしたいジョーロにとって、もっとも障壁となるラスボス的存在なんですよ。たぶんこの次に出てくるはず。



ということで、はじまったばかりの『俺を好きなのはお前だけかよ』。漫画の構成は原作よりもだいぶ改変してるんですけど、逆にわかりやすくなっていて読みやすいと感じました。


小説は感情の機微を描くのに適した媒体で、漫画はスピーディな展開に向いている媒体。その違いを逆手にとっての、こうした大胆な改変はむしろ歓迎です。

「メディアの違いを理解せよ」って桜野くりむさんも言ってたしね!