読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かーずSPの戯れ言

かーずSP管理人が駄文を語ったりするブログ

新米姉妹のふたりごはん3 柊 ゆたか (著) 感想

漫画

新米姉妹のふたりごはん3 柊 ゆたか (著)(Kindle) 感想



親の再婚で突然姉妹になった食いしん坊のサチと、料理上手なあやりのハートフル料理マンガ。

もはやこの表紙、帰宅する旦那と新妻のようじゃん!

何この夫婦……最高かよ。


最初はよそよそしく、お互いの距離も気持ちも掴めなかった1巻と比べると、だいぶ仲が進展しているんですよね。

それがはっきりわかるのがこのコマ。

あやりは緊張したり慣れてない人が相手だと顔がこわばってしまい、相手を睨んでいるような顔つきになってしまうんですね。

f:id:karzusp:20170223211956j:plain

サチなんか一度、指を詰められると勘違いしたくらい。どんなヤクザ映画だ。

そんなあやりのコワモテ顔も、3巻のサチではすっかり慣れてしまっているわけです。

f:id:karzusp:20170223204531j:plain

むしろ、あやりの緊張した顔=これから美味しい料理が食べられる!とばかりに期待に満ちているほどに。

時間の経過で、サチとあやりの関係性も変化していることを示す良いシーンだなと思うわけです。

そんな二人が週末いっしょに買い物に出かけたり、クリスマスカードを交換したりと、血の繋がらない姉妹のイチャイチャ度も高まるばかり!

コタツの中でサチとあやりが足で「えいっえいっ」とか絡ませながらじゃれているの、本当にほっこりするんですけど、少しフェチっぽくもあって、読者の方が「ごちそうさまでした!」ってお礼したい気分ですわ。

f:id:karzusp:20170223212813j:plain



むろん料理も、スイーツから春巻き、はてはジビエ(狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣)まで多種多様。

特にジビエ編では、あやりの叔母さんが初登場!

f:id:karzusp:20170223212843j:plain

こんな美人の猟師がいるなんて! やっぱりマンガの世界は素晴らしい!(リアルでもいるかもしれんけど)

この叔母さん、絵梨のさりげない心の動きを察知していたりして、なかなかあなどれなかったりする。

サチとあやりが仲良くなっていくにつれて、サチの親友である絵梨は、距離が遠ざかってしまったみたいで寂しい顔をたまにするんですよね、切ないわー。




あやりは相手に思っていることを伝えるのが苦手な、不器用な子。

そんな感情を表に出すのも苦手な少女が、料理に自分の想いを乗せて、最近出会ったばかりの姉に振る舞う

サチは、そんな心がこもった料理を食べて全身で表現する。

あやりは、自分の料理でサチの喜んだ笑顔を見て、自分も笑顔になる。

料理を通じて新米の姉妹たちがまるで心のキャッチボールをしているようで、その心の交流に胸を打たれる作品なのだ。

関連リンク

ゆたか(@yutaka7)さん | Twitter

『新米姉妹のふたりごはん』特設サイト | 月刊コミック電撃大王公式サイト