読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かーずSPの戯れ言

かーずSP管理人が駄文を語ったりするブログ

朝日新書『夢の叶え方を知っていますか?』 森博嗣 (著) 感想

仕事

夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書) 森博嗣 (著) 感想



すべてがFになる』シリーズなど大ベストセラー作家である森博嗣先生のエッセイ・コラム。

これ、タイトル的に合っているとも、間違っているとも言えるっていう、まぎわらしい名付けになってます。

というのも「小説家になるための方法論」が書いてある……ように思えますよね、普通。

でも森博嗣先生にとっては小説を書くのは効率的にお金を稼ぐ手段として適していたからであって、自分の夢実現のための道具にしか過ぎないんですね。

これは作家の収支でも語っていて、あまりのドライっぷりに衝撃を受けたんですが。



しかし小説家だけじゃなくて、「クリエイターになりたい」「世界中を回りたい」「いい男と結婚したい」など人間が持つ夢。それら広い意味での夢の叶え方への指南書となっていて、これがまた奥深い内容となっている。



まず、人それぞれ身体能力や頭脳、容姿など生まれつきの「向き不向き」があって、それによって出発点は異なる、とのことを自覚する。

そして夢がない人向けに、夢を見つける方法が書いてある。さいわい僕は「オタク趣味を一作でも多く楽しんでから死ぬ」という人生の大目標を掲げているので、それは不必要だったけど、そこの章も慧眼で、

楽しさの本質は、自分の中にあって、周囲に聞いても、過去にもない。自分の中で生まれて未来に向かって育っていくもの

だそうだ。

そうすると、「高級車に乗りたい」「セレブな暮らしがしたい」みたいな夢は、本当に自分の夢なのか?

「そういう受け身の夢は、外から与えられた価値観にしかすぎない、本当の夢じゃない」とばっさり、確かにそう思った。

森博嗣先生にとっての夢は、模型を庭園で走らせること

その喜びのために生きているそうで、ほんの少し微笑ましい。

自由をつくる 自在に生きるでもあったように、他人からの価値観よりも、自分の内から湧き出るものを大事にしろっていう人生哲学は、なるほどと納得しました。





>夢を見つけたら、設計図を作って、目標を意識しながら、必要ならば常に進路を修正していく。

例えば子供がプロ野球の選手になりたいって夢でも、大人になるとともに経験を積むことで視点変化が起こり、フロントに入って優勝を目指す、みたいな軌道修正も必要だということ。

さらにとにかくやる、コツコツと継続する

自分にノルマを課し、だましだましで進めていく。するとやっただけ見返りがあると思えて、自己満足だけど、楽しめる。

森先生は終始、「夢」とは自己満足だと繰り返している。



そして褒めるのは自分であって、他人からの賞賛、承認は「小粒な自分」になっていって、夢も小粒になってしまうと警鐘を鳴らす。

ネット時代の「イイね!」、そういう周囲からの支配をいかに断ち切るのかが夢を実現する鍵になると断言している。

「小説を書きたい、小説を仕事にしたい」じゃなくて、「小説家になって注目されたい」になっている人が多いそうで、そういう他人から評価されたい夢は、なれても二流止まりと手厳しい。

とにかく自分を高める。自分の評価眼を持つ、など、徹底的に自分を中心に置く考え方に感銘を受けた。

これは孤独の価値でもおっしゃってましたね。





また、具体的な仕事術として応用できるアイディアもたくさん。

例えば、仕事をやりかけで終わらせる。すると、次の日はその続きからスタートできる。

一区切り終わらせてから翌日になると、取り掛かるまでエネルギーが必要になってくる、というのは今日から取り入れようと思ったやり方でした。



私の総論として、心の置き所をどこにするのか、という意味ではすごく有意義な一冊でした。

私は昭和生まれで、親も周囲も古い考え方で育ってきたため、新しい考え方がなかなかできない融通がきかないところを自覚しつつも、変えられない自分を恥じてました。

例えば親の仕事を疑問なく受け継いだりとか、10年くらい前までは髪を染めてる人もちょっと抵抗あったくらいの頑固ジジィっぷり(まあ、僕が黒髪ロングキャラ好きってところもあるんですが←お前の好みかよ)

そういう古い考え方を捨てるために、去年からホリエモン藤田晋など斬新な思考の著作を読むようにしていたんですが、この森博嗣先生もまた、そういう僕の凝り固まった先入観を壊してくれる先達でした。

さらに、僕の人生の目的である「オタク趣味を楽しむこと」についても、森博嗣先生は答えをくれていました。

集団の中の一員として生きる生き方を否定しないが、働いて税金を納めていれば、あとは自分の好きな生き方をする。

そんな自由さが可能になったのが現代なのだ
と言われて、オタクな自分には救われた感じです。