読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かーずSPの戯れ言

かーずSP管理人が駄文を語ったりするブログ

かーずSP的2016年冬アニメ、今のところの感想など

ご報告(って書くと女性声優のブログの結婚エントリのタイトルみたい)

あちこちのWebラジオで、アニメの感想を語りましたので、さらっと紹介します。


2015年12月に最終回を迎えたアニメで、ランキング形式で語ってます。

こちらは2015年のアニメ総括。劇場版についても語ってます。

伊南日誌。 : 『かーずラジオ全部のせ延長戦(2015年アニメ総括)』を聴いてみた件。

ご感想あざっす! 僕と同じ部分に共感していただけたみたいで(笑)

かーずラジオ全部のせ(アニメ感想戦2015年秋アニメ総括)について!<ネタバレ注意> - 「なでこSMILE」のアニメ感想BLOG

そうなんですよ、関口さんやしもぴーさんは否定してましたが、全員可愛いおにゃのこが出てくるアニメが大好きっていう萌え豚たちの養豚場が、このラジオです。


152 熱量と文字数 【2016年1月からのアニメ新番組全部見てみた件】 | 熱量と文字数

恒例のねつもじ全部見てみた件のSideBにて、2016年1月スタートしたアニメについて。
どちらのパートでも『大家さんは思春期!』『教えて!ギャル子さん』について語られており、5分10分アニメでも30分アニメと同じ土俵で勝負できるほど、良いものが増えてきたってことでしょうか。
個人的にはノーマークだった『魔法少女なんてもういいですから?』が伏兵でした。


それにつけても、どこでも京アニについて語ってますね僕。京アニの描く美少女が、超絶作画でぬるぬる動いてるのを観るのがキモチイイんでしょう(自己分析)。もうすぐ発売される『境界の彼方』BOXも楽しみ!



で、ねつもじで選んだ僕のランキングですが、これらを選んでましたので、コメントとともに紹介。

1位:無彩限のファントム・ワールド

今期、文句なしに一番ワクテカしております! 舞先輩のブルマ姿、凄すぎるっ!
ねつもじでも言いましたが、晴彦とルルの会話が90年代のライトノベルの後書きっぽいというか、作者とキャラの掛け合いトークのノリなのがオッサンには懐かしいです。

2位:紅殻のパンドラ

最近まで『攻殻機動隊』と世界観が一緒と知らずに見てました。テンポが良くてガチャガチャした賑やかなところ、美少女アンドロイドとか80年代OVA感がたまらん。

3位:僕だけがいない街

純粋にお話の作りが見事! ロリコンじゃないけど雛月助けたいマン。来週へのヒキにいつも悶えてますw

4位:Dimension W

まず、OPがスタイリッシュでかっこいい……だけじゃなくて本編もさらに、魅せるねぇ~。
大局的な仕掛けや謎と、目の前の事件というミクロ的な物語の動かし方といい、理想の作品になってます。

5位:この素晴らしい世界に祝福を!

頻繁に入るアイキャッチの「このすば!」が印象的で、細かいパート分けが見やすくて良い。
つまり、今のソシャゲやスマホなど時間が細かく分散されているのに慣らされている自分には、見やすいテンポ感なんでしょうね。

6位:ハルチカ -ハルタとチカは青春する-

1話のラストで度肝を抜かれたんですが、日常ミステリーとして楽しんでます。各話で、お話の内容にバラつきがあるのが気になるかな……。
絵はPAワークスで美麗ですし、目の描写が今期の「だがしかし」と並んで、目ヂカラがあります。

7位:GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 炎龍編

ドラゴン退治の話が超燃えました。C4爆弾をあんなふうに使うなんて……「ファンタジー世界に現代兵器を持ち込んだら」っていう壮大なifの面白さは第一期につづいて健在!

8位:灰と幻想のグリムガル

男女問わず楽しめて、丁寧に描いているなあ~と感心。背景美術の描きっぷりも凄いですし、ゴブリン一匹にあれだけ苦戦しているシーンはドキドキハラハラ。
そしてエピソード4はね……胸が張り裂けそうだった。
ランタ役の吉野裕行さんの演技が超上手いために、ほんとにムカついてしまうのがややネックかw

9位:少女たちは荒野を目指す

高校生のギャルゲー作りというと、アニメファン的には一年前の『冴えない彼女の育てかた』と比較しちゃう題材ですが、こちらも女の子の可愛さでモチベーション高く観ています。
にしてもテルハの実家には驚いたわ。

10位:PHANTASY STAR ONLINE2 THE ANIMATION

ねつもじでも言いましたが、ぶっちゃけB級ではあるんですが、僕の中では変な女しか出てこない謎アニメ枠として重宝してます。
いい意味での緩さがなんとなく居心地良いのと、リナ先輩をただただ観察しているだけで楽しいアニメ。ほんとこれは説明できない。

■その他のアニメについてもだらっと語ってみる。

『だがしかし』面白いんですけど、原作で何度も読み返してるので、新鮮さが自分の中にないというワガママな理由。

『亜人』を入れてないのも同じ理由です。アニメの映像的にはどちらも素晴らしい!と褒めたい。ただ、僕は漫画を読んでいたというだけです…ほんとすいません。

『ギャル子さん』はナレーションが能登麻美子さんで、あの声で「セ○クス」とかさらっと言われるだけで興奮します。

『蒼の彼方のフォーリズム』、絵が青を基調とした爽やか路線で、それが綺麗でキモチ良い反面、お話がスローテンポなのがやや気になります。が、後半盛り上がりそうな気がするので注視してます。

『髪の白雪姫(第2クール)』、もう一期から面白いのがわかっていた分、ランキングには載せませんでしたが安心して見られます。THE 早見沙織アニメ。


ちなみに僕のランキング、見たアニメの話によって順位はコロコロ変わるので、これは先週末のねつもじ収録時のものです。